【体験談】元カレを見返して後悔させよう!振られた女性が元カレを見返した4つの方法

経験したことのある方ならきっと誰しもがわかる「失恋のつらさ」。

女性は失恋すると、誰しも「私を振ったことを後悔させてやる!」と心に誓うもの。

いつまでも元カレを引きずっているのでは、何も前に進みません。

強くたくましく、そして綺麗になって、元カレを見返してやりましょう!

大好きだった元カレに振られてしまった女性が、元カレを見返すために努力して最終的に後悔させた体験談と、実際に振られた元カレを見返し後悔させた方法をご紹介していきます。

筆者プロフィール

京都に住む2児の母・ぽぽです。

現在は幸せな家庭を持つことができましたが、昔は思いのまま、まっすぐ突っ走りがち。

恋愛では痛い思いをしたこともありました。

そんな恋愛経験から、女性が幸せをつかむために、自分をどのようにふるまうべきなのかを広めていきたいです。

復縁を求めてきた元カレを見返した体験談

復縁を求めてきた元カレを見返した体験談

筆者が元カレを見返す体験をしたのは20歳のころです。

以前お付き合いしていた元カレと何度か再会することがあり、現在の夫と付き合っているときに2回復縁を申し込まれました。

その元カレとは約2年お付き合いしており、筆者は元カレに振られてしまい別れたという経緯です。

出会ってから付き合っているときも、ずっと筆者の方が元カレのことが好きで、お互いの気持ちに温度差があることはわかっていました。

それでも筆者は元カレのことが好きで好きで追いかけ続けましたが、振られるときには一方的に、筆者の気持ちは一切聞いてもらえないままお別れしました。

そのため、正直なところ未練タラタラで、すぐにでもやり直したい思いでした。

しかし、筆者にもプライドがあったため、絶対に元カレを見返してやろうと心に決めたのでした。

その1年後、筆者は良い人と運よく出会いお付き合いし、22歳でその人と結婚しました。

 

カレに振られたつらい体験

元カレに振られたつらい体験

それでは、筆者が元カレを見返そうと思うに至った、元カレに振られた体験からお伝えしていきましょう。

基本的に、筆者は彼氏ができたからと言って、彼氏に夢中で周りが見えなくなるようなタイプではありません。

しかし、当時付き合っていた彼氏だけは違いました。

いま思い返してみれば、顔や性格などがこれと言ってとりわけ魅力的だったわけではありませんが、出会ったときから彼に惹かれてしまい、筆者からの猛アプローチの末お付き合いしました。

付き合っているときも、彼に嫌われたくない一心で尽くしてしまい、彼の言うことを全て聞いてあげるような彼女になってしまっていました。

ヤキモチもたくさん妬いて、彼にはしょっちゅううんざりされていました。

そのため、彼とのお付き合いが2年経ったころに、彼から別れたいと告げられてしましました。

その原因は、筆者が彼の携帯を見てしまい、そこでなんと浮気が発覚し、筆者が怒り心頭で彼を問い詰めたことでした。

浮気じゃないと言い張る彼に、筆者は怒涛のように罵声を浴びせてしまいました。

数日後、彼から「重たい。疲れた。」と言われてしまい、こちらが弁解する余地もなくお別れするに至りました。

彼氏に振られて失意のどん底に

彼氏に振られて失意のどん底に

浮気までされていたのにも関わらず、彼氏に振られたショックで食事もまともに喉を通らないほど落ち込みました。

元カレさえ良ければすぐにでもやり直したかったし、浮気のこともなかったことにしようと思っていました。

しかし、別れてからは一切元カレの方から連絡はなく、完全に終わってしまったのだとしばらくの間は本当にどん底でした。

振られた元彼を見返すことを決意

振られた元彼を見返すことを決意

元カレを見返そうと決意したのは、筆者の友人の一言がきっかけでした。

毎日のようにメソメソしている筆者を見て、ある友達がこう言ってくれました。

「○○(筆者)は、そんな男にしがみつかなきゃいけないような女じゃないよ?」

「自分がそこまで自分を下げているだけ。あんな最低なやつ見返してやらなきゃ!」

この言葉にハッと目が覚めました。

元カレのことが心から好きで本当に辛かったですが、どんなに泣いても彼の心は絶対に戻りません。

ならば、いつかまた元カレに会う日が来たら、絶対に元カレを後悔させて見返してやりたいと思いました。

そのためには、いつまでもクヨクヨしていられません。

まずは、自分に自信を持てるように自分磨きをがんばろうと心に決めました。

そのために、次の4つを中心にがんばりました。

元カレを見返すためにしたこと①:美容

ヘアサロンやネイルサロン、エステなどは、お金はかかるし、正直見違えるように綺麗になれるわけではありません。

でも、ヘアサロンで髪を綺麗にしてもらい、かわいいネイルをして、全身エステで体を磨くことで、心がとても豊かになります。

綺麗にしていると、少し背伸びをして歩きたくなるように、自分に自信を持てるようになるためにはとても有効でした。

元カレを見返すためにしたこと②:読書

元カレに振られた当時の筆者は、とにかく荒れていました。

前向きになれたかと思えば、彼との思い出がフラッシュバックしてまた落ち込んで、の繰り返しで、心の中はぐちゃぐちゃでした。

筆者は心の中を整理して落ち着かせるため、読書をたくさんすることに。

読んだ本の多くは相手を責めたり相手に何かを求めるのではなく、相手を許し自分自身が変わるための考え方についての本を選択したのが良かったです。

心を整理するすべが少しずつ身について、きちんと失恋を過去のものにして、受け入れて、前に進むことができました。

元カレを見返すためにしたこと③:積極的に男性に会う

失恋の後は、なかなか男性と会いたくないという気持ちが強くありました。

しかし、友人に「男にちやほやされた方が女はキラキラできるの!」と言われ、なかば強引に合コンや飲み会に連れていかれました。

そのうち、男性から「かわいい」とか「綺麗」とお世辞でも言われることで、自分に自信も持てました。

そして、そのような男性のことばがもっとかわいくなるために努力する原動力になりました。

お付き合いするつもりはなくても、男性と積極的に会ってコミュニケーションを取る方が、女性としてどうありたいか、どうあるべきかを考えることができますよ。

元カレを見返すためにしたこと④:男性選びを妥協しない

元カレを見返すためだからと言って、「元カレに彼女ができるより先に彼氏を!」と女性は思いがち。

しかし、筆者は絶対に男性選びには妥協をしませんでした。

男性を元カレと比べたり、ヤケになったりせず、本当に自分を愛してくれて、本当に自分が好きになれる男の方を気長に待ちました。

元カレを見返えすタイミングが訪れる

元カレを見返えすタイミングが訪れる

そんなこんなで自分磨きをしているうちに、なんとついに元カレを見返してやるタイミングが訪れたのです。

ひょんなことから、元カレと久しぶりに再会することに。

久しぶりに会うとわかったときは、前日まで緊張していました。

しかし、元カレに会ったらこれまで以上に明るく振舞おうと決めていました。

そして、いざ彼に再会したときには元カレを避けることなく、何事もなかったかのように話しました。

明るくたくさん笑う筆者に、「彼氏でもできた?」と元カレが聞くので、「彼氏はいないけど、毎日楽しい!」と答えました。

良い方との出会い

元カレと再会してた2週間後、ちょうど元カレとお別れしてから半年がたったころ、筆者に良い出会いがありました。

その男性とは筆者も共通の趣味を通して出会い、彼からのアプローチで付き合うことになったのです。

お付き合いはとても順調で、元カレのときのように心が乱れたり、自分らしくいられなくなることはなく、とても安定したお付き合いでした。

元カレと2回目の再会

彼氏と順調なお付き合いを続けることができている中、また元彼と再会することがありました。

そのときにはもはや元カレは眼中にもない感じでしたが、逆に元カレがかなり筆者に話しかけてきました。

そして、あとから連絡も来ました。

「本当にかわいくなったけど、良い人でもいるの?」

そのメールに、正直「ざまぁみろ」と思いながら、

「いるよ。全部○○(元カレ)のおかげかな。ありがとう!」

と返信しました。

元カレと3回目の再会

彼氏とのお付き合いは相変わらず順調で1年経ったころ、彼氏と結婚話しが持ち上がり、トントン拍子に話が進み婚約しました。

ちょうどそのころ、元カレとなんと3度目の再会を果たしました。

しょっぱなから元カレは2人になりたがるので話を聞くと、「やり直そう?」と言われました。

そして、筆者は元カレにこう告げたのでした。

「ごめん。2月に結婚するの。」

元カレを見返すには、最も良いシチュエーションでした。

何も言えなかった元カレの顔は、今でも忘れることができません。

元カレを見返すために必要なこと

元カレを見返すために必要なこと

自分を振った元カレを見返したいと思うなら、まずは今の自分自身をよく見つめてください。

未練タラタラ、いつまでもクヨクヨしている自分の顔は、全然かわいくないですよね。

元カレに振られた自分は何が悪かったのか?

自分のどこが好きで、どこが嫌いか?

ゆっくりと時間をかけて、自分と向き合ってみてください。

そうすると、いまの自分に足りないものが見えてきて、おのずと努力の方向性も決まります。

そして、努力していれば必ず自分に自信がついてきて、その自信があなたを綺麗にします。

前に進んでいる姿を見せることが、元カレを見返すということです。

元カレに彼女ができるより先に彼氏を作ることが元カレを見返すことではありません。

彼氏がいなくても、自分らしく前向きに明るく笑顔で頑張る姿を見せることで、元カレに振られたときよりも少しでもあなたが成長していると元カレにに思わせることが大切です。

元カレ以上に素敵な男性を探し、たとえ新しい彼氏がいなかったとしても、自分が振ったときより綺麗で魅力的な女性に元カノがなっていれば、男性の心理としては惜しいことをしたと思うのが特徴なのです。

まとめ

女性の多くは、自分を振った元カレを見返してやろうという強さを持っています。

失恋をきちんと受け止め前に進もうと自分磨きをしていれば、事前と自分に自信がついて、より明るくより前向きで魅力的な女性になることができます。

自分を振ったことを後悔させ、元カレを見返せる女性になりましょう。