彼氏と長続きしない方へ

誰と付き合ってもすぐ別れてしまうという人は周りにいませんか?自分がそうだと思う人は自分に問題があるのでは、と悩みますよね。短命恋愛から長い付き合いまで経験した筆者が長く付き合う人とすぐ別れてしまう人の違いをお教えします!

筆者プロフィール

京都に住む2児の母・ぽぽです。

現在は幸せな家庭を持つことができましたが、昔は思いのまま、まっすぐ突っ走りがちで、恋愛では痛い思いをしたこともありました。

そんな経験から、女性が幸せをつかむために、自分をどのようにふるまうべきなのかを広めていきたいです。

彼氏と長続きしない恋愛体験談

これまでの筆者の恋愛遍歴の中で、彼氏と長続きしない最も短いお付き合いだったのは2ヶ月半というものでした。

まずは、その短命恋愛の経験談について、付き合い始めから別れまでをお話しします。

遠距離恋愛中の出会い

筆者が高校2年の頃、当時付き合っていた彼氏と、筆者が進学のため遠距離恋愛になってしまいました。

彼氏とは3年半のお付き合いがあり、これまでの恋愛の中でも特別大好きな彼氏で、本当に優しくて本当に穏やかで、ケンカひとつしたこともない彼氏でした。

筆者が都会へ進学し、色々な人と出会う中で、田舎者の筆者は人間不信になりそうなほど、都会で出会う人たちは怖く感じました。

新しい土地に来て3ヶ月ほどは、毎日のように彼氏に電話をする日々が続き、その彼氏は3ヶ月のうちに2回会いにも来てくれました。

順調な遠距離恋愛かと思えましたが、進学先でも新たに見つけたバイト先でも良い人間関係が築けるようになってきて、次第に彼氏との連絡が減っていきました。

そんな中、同じ大学の2つ上の先輩との出会いがありました。

学食でよく見かけるその先輩は、筆者のことを覚えていたようで、たまたまバイト先の居酒屋に来た彼は、筆者に連絡先が書かれたメモを渡してきました。

軽い気持ちで連絡

同じ大学の先輩との出会い

その先輩は、筆者のタイプだったわけでもないし、自分には大切な彼氏がいたので、ほんの軽い気持ちで先輩に連絡しました。

軽い気持ちというと悪気がなかったように聞こえますが、本当は、長く1人の男性と交際する中で、だんだんと付き合いがマンネリ化してしまい、違う刺激を求めていたというのが本心だったかもしれません。

先輩に連絡して以降、学食で会うとお互いにあいさつするようになり、次第に飲みに行くようにもなり、少しずつ先輩との距離が縮まっていきました。

それでも筆者は彼に惹かれることはなく、彼と2人で会うことは避けるようにしていました。

しかし、彼から積極的なアプローチ受けるまでになりました。

当時、その先輩には彼女がいたにもかかわらず、その彼女と別れてきたというのです。

そして筆者に対して「彼氏と別れて!」とお願いしてきて、遠距離恋愛で彼氏との距離を感じ始めていた筆者は、彼とは別れても良いかなと思うようになりました。

そのまま、3年半付き合った彼と別れて、押し切られる形で先輩と交際しました。

交際してみたものの、思っていたのと違う!

交際してみたものの、思っていたのと違う!

遠距離恋愛で最後は心が冷めてしまっていたものの、大好きだった彼氏と別れて、新たに付き合い出した先輩のことを、筆者は心から好きだと思えませんでした。

どんなに優しくされても、男らしいところを見せられても、ときめくことはありませんでした。

悪い人と言うわけではなく、ただ単に筆者の身勝手だったと思います。

刺激が欲しくなり、目新しいほうに流されたものの、失ってみると心にぽかんと穴が開いてしまった気がしていました。

その穴は、新しい彼と過ごす日々の中で埋めることができませんでした。

結局、たった2ヶ月半というお付き合いの末、筆者から別れを告げました。

彼氏と長続きした恋愛経験談

彼氏と長続きした恋愛経験談

筆者がいままで彼氏と最も長続きしたお付き合いは、先ほど紹介した高校から3年半付き合った恋愛です。

そして、2ヶ月半でお別れした先輩彼氏の次は、2年半お付き合いし、さらにその後付き合った方とは、1年の交際を経て結婚しました。

2年半お付き合いした彼は、既婚者でした。

大好きな彼氏でしたが、その思いが重くなりすぎて、残念ながら彼氏の方から別れて欲しいと告げられてしまいました。

彼氏から振られなければ、もっと長くお付き合いできていたと思います。

3年半お付き合いした彼も、最終的に結婚した今の夫も、長く付き合った彼氏はみな見た目も性格も良く、似た方が多かったです。

穏やかで、なかなかケンカにならないような優しい人といると、すごく安心して気を遣わずにいられました。

また、それらの恋愛は、どれも筆者から好きになり、付き合っている間も彼氏よりも、筆者の方が好きだった気がします。

「恋愛は惚れたもの負け」なんていう言葉がありますが、筆者は追いかけられるよりも自分が追いかけている方が長く交際が続きます。

筆者は比較的長く付き合うタイプですが、2ヶ月半という最短記録の他に、3ヶ月、半年という、彼氏と長続きしない短命の恋愛もありました。

長く続く交際と、短く終わる交際の両方を経験してきた筆者がそれぞれの特徴を考えてみました。

彼氏と長続きしない短命恋愛の人の特徴

彼氏と長続きしない人の特徴

彼氏と長く付き合うこともあれば、長続きせず短く終わることもあるというのが普通だと思いますが、中にはどんな彼氏と付き合っても長続きしないという方もいますよね。

そんな方は、次のような特徴に当てはまりませんか?

①押しに弱い

筆者の経験上、自分の思いは別にして、相手からのアプローチに押される形で”なんとなく”付き合った彼氏とはやはり長くは続きません。

誰と付き合ってもすぐ別れてしまう方は、押しに弱く、そんなに好きではなくても何となく付き合ってしまうという方が多いでしょう。

②タイプがブレがち

みなさん異性を好きになるときには、少なからずタイプや条件がありますよね。

顔など見た目のタイプだけでなく、性格などもこれまでの彼氏に共通するものがある人とない人、これも恋愛が長く続くか続かないかに大きく影響しています。

彼氏のタイプが広いというよりはタイプがあまりなく、毎回ブレブレな人は、なかなか恋愛が長続きしない傾向にあると言えます。

③恋愛体質

とにかくすぐに人を好きになる人。

②とも共通するところがありますが、彼氏のタイプに関係なく、手当たり次第次から次へと男性を好きになる恋愛体質の人は、なかなか1つ1つの恋愛に執着もしないし、飽きやすいため長続きしません。

彼氏と長続きする方法

彼氏と長続きする方法

では、彼氏と長続きしない人が、長続きする交際をするにはどのようなことが大切なのでしょうか?

筆者の経験上、その交際が長続きするか中続きしないかは、その始まりで決まると思っています。

大切なのは、彼氏(恋人)を選ぶ基準です。

先ほどもお伝えしたように、彼氏のタイプに関係なく、手当たり次第誰かを好きになるのではなく、

  • どんな人が自分に合っているのか
  • どんな彼氏と付き合えば長続きできるのか

を経験を積む中で学ぶことが大切です。

まだ恋愛経験があまりないうちはそれがなかなかわからず、彼氏と長続きせず、短いお付き合いで終わることは仕方ありません。

それなりに恋愛を経験していくうちに、自分のタイプの人や譲れない条件が固まって行きます。

  • 自分のタイプに当てはまらない人とはアプローチされても付き合わない
  • きちんと自分の意思で好きになった人と付き合う

これが彼氏と交際を長続きさせる秘訣だとです。

まとめ

恋愛は、幸せな気持ちも悲しい気持ちも、色々な経験をすることができます。

しかし、そういったさまざまな感情を味わうことなく、長続きせずに終わってしまう恋愛ばかりの人は、一度自分の恋愛遍歴を振り返り、どんな人が自分に合っているのか考えてみてください。

そして、その自分のタイプに合う彼氏を探してください。

寂しい気持ちを紛らわすためだけの存在の彼氏は、決して長く一緒にいられる存在ではありません。

自分なりの基準できちんと相手を選ぶことが大切ですよ。