高校生の恋愛に欠かせないもの、それはなんと言ってもLINEです。

恋愛以外の場面でも、日々の連絡、出かける約束、テスト範囲の確認、仲間内でも色々な場面でLINEが活躍しています。

恋する女子が男子と仲良くなるためには、LINEが重要な位置をしめるということも、この記事を読んでいる方は気付いているはず!

女子高生が意中の男子との距離を縮められる方法を、一緒に考えていきましょう。

筆者プロフィール

33歳の1児の母、青です。

神奈川県の山沿いでWEBライターしながら、主婦をやっています。

恋愛ドラマや漫画・2.5次元舞台を愛してやまない(ママ友にはナイショ)。

そんな本性を隠しながら、何気に多い恋愛経験からアドバイスさせていただきます。

高校生がLINEで恋愛に成功するには、その他大勢に埋もれないように!

特別にまだ仲良くなっていない男女の関係でも、高校生同士であればクラスのLINEグループがあったり、部活動や実行委員会があったりしてその中でLINEグループを作っていることが多いかと思います。

連絡先はグループの中に入っているから分かっていても、個人的にトークをしたことのない男子にメッセージを送るコツを3つご紹介します。

①「○○くんにしか相談できない」のフレーズをLINEのメッセージに入れる

男子は基本的に、女子に頼られるとうれしくて舞い上がってしまうものです。

男性には女性を無意識に守ってあげなければいけない、本能のようなものがあって、女性側が優秀であったりすると途端に恋愛対象から外してしまうこともあります。

仲良くなりたい男子には、ウソでもいいのでその彼の方が自分より優秀で、とっても頼りにしているという事実をLINEのメッセージで伝えましょう。

ここで大切なのは、男子ならだれでもいい女子なんだと思われないように注意することです。

男子に優しくしてほしくて、何でもいいから男子をほめる女子だと思われてしまうと、仲良くなりたい彼本人の信用をなくしてしまいます。

「〇〇くんにしか相談できない」と女子からメッセージが来れば、何とかあなたの問題を解決してあげようと彼も使命感にかられます。

その使命感を達成した時に、自然と2人の距離は近付いているはずです。

②彼の誕生日に、重くならないメッセージやスタンプを送る

グループ内で、仲良くなりたい彼の誕生日のお祝いコールがもし始まったら、個人LINEにもこっそりお誕生日のメッセージを送ると良いでしょう。

大勢から一気にお祝いのメッセージを彼がもらったとしたら、おそらく1つ1つ細かく返信はせず、「みんなありがとう」というような一括のやり取りで終わってしまうはずです。

個人LINEで、重くならない感じのお誕生日関連のスタンプを送って、一言二言、長くなりすぎないようにメッセージを送ってみましょう。

何かで一緒に作業したりする機会が、普段の学校でもあるのなら、「いつもありがとう」など、彼の普段のふるまいに好印象を持っていることをさり気無く知らせると、意識してもらえる可能性が高くなります。

この時に、あまりに長文メールを送ってしまうと、恋愛対象として彼を見ているとバレてしまい一歩引かれてしまう可能性があります。

あくまで軽めの印象になるように注意しましょう。

③彼が落ち込んでいる時のLINEは高ポイント!でもあくまでひかえめに

彼が部活動でレギュラー落ちしたとか、成績不振で悩んでいる、友だち関係で悩んでいるのを目の当たりにした時こそ、あなたが彼の中で特別な位置にいくチャンスです。

普段の生活の中で、よっぽど仲良くない限り、「悩みがあるなら聞くよ」という一言はなかなか彼にかけられないはず。

LINEなら、他の話題にまぎれさせながら少し踏み入った話にも持っていけます。

実はあなたのことを気にしているよ、というサインを相手に見せることが彼との距離を縮めるチャンスになるので覚えておきましょう。

ただし、あまりにも上から目線でアドバイスしたり、彼の気持ちの部分に踏み込み過ぎるのはよくありません。

人にはパーソナルスペースといって、他人に踏み込んで欲しくないボーダーラインのようなものがあります。

彼の様子を見ながら、ひかえめにLINEを使って励ましてみましょう。

好きな男子高校生と恋愛関係になるにはLINEで思い出の共有も重要

例えば、グループで遊びに行ったり、学校の行事などで行動を共にする機会があった時、不自然じゃない程度に写真を撮っておくことをおすすめします。

帰宅したあとにその写真をLINEのアルバムなどに入れて彼と共有すれば、自然とトークするチャンスを作ることができます。

写真と一緒なら、「今日は楽しかったね」「次はどこに行く?」など次の約束につながる話に持っていきやすいのでぜひトライしてみてくださいね。

LINEで今日あったことの報告はメッセージより写真!

男子と仲良くなりたいなと思った時に、ついつい返信に困るようなとりとめのないメッセージを送ってしまってはいませんか?

相手の反応を考えないで送ってしまう、日記やポエムのようなLINEのメッセージでは男子にめんどうだと思われるだけです。

話題を作ろうと、ついつい周りの人のうわさ話ばかりしてしまうのもよくありません。

男子との仲を深めたいのなら、特別な用事がない時のメッセージには写真をそえましょう。

例えば、甘いもの好きな彼には「〇〇のカフェ、おいしかったよ!よかったら今度一緒に行かない?」とさりげなくデートの提案をしてみるのも良いでしょう。

高校生の恋愛はLINEばかりに頼り切らず直接話すことも重要!

LINEでのコミュニケーションは便利で、緊張しないで相手と色々なやり取りができる便利なツールです。

便利な使い方もできる反面、自分の気持ちを伝える時に何もかもをLINEに頼りすぎないように気を付ける必要があります。

LINEでの通話機能を使わない限り、やり取りするのは文字と文字です。

文章というものは、どんなに作文などが得意な人でも相手に正しい言葉のニュアンスが伝わるか難しいものです。

LINEで色々と相手とコミュニケーションを取っているから大丈夫だという思い込みはかなり危険かもしれません。

実際に会って話すからこそ分かる相手の性格や、考え方のくせ、話した時の反応、それはないがしろにしてはいけないんです。

恥ずかしくてうまく話せない、そんな時も、話せないながらも一生懸命相手の男子に向き合おうとしている姿に好感を持ってくれるかもしれません。

LINEはあくまで、コミュニケーションの手段の1つであることを、肝に銘じておいてくださいね。

まとめ

高校生がLINEを使って男女の仲を深めるための方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

LINEは上手に使えれば、直接会ってお互いに話をする時には伝えづらいこともアプローチしやすくなります。

直接コミュニケーションすることの大切さを忘れなければ、あなたと好きな男子との距離を近付ける頼もしいパートナーになってくれるでしょう。