女子高生の恋愛は、大人になる前の段階なのでまだまだ上手な駆け引きできません。

本当は好きな男子に、好印象を持たれる態度をしたいのに思うようにいかないジレンマを女子高生は抱えています。

何だか特定の男子にツンケンしてくるあの子は、もしかしたらその男子のことが好きなのかもしれません。

今回は、そんな女子高生の恋愛について解説していきたいと思います。

筆者プロフィール

33歳の1児の母、青です。

神奈川県の山沿いでWEBライターしながら、主婦をやっています。

恋愛ドラマや漫画・2.5次元舞台を愛してやまない(ママ友にはナイショ)。

そんな本性を隠しながら、何気に多い恋愛経験からアドバイスさせていただきます。

女子高校生の恋愛事情は?コミュニケーションのチャンスが増えている!

今と筆者の時代の女子高生の圧倒的なちがいは、人と人がつながるチャンスが圧倒的に増えているということです。

筆者が女子高生だった頃は、学校と部活、アルバイト先が出会いのすべてでした。

インターネットでの出会いは、いわゆる出会い系サイトのみ。

それって、普通のお付き合いのための出会いではなくって、体の関係のみの女子高生にとってはよくない出会いです。

だからインターネットでの出会いは、ほぼなかったんです。

今の女子高生は、SNSがたくさんありますよね。

趣味が合う人同士、つながれるようにグループがあったり、インターネットの友だちにもちゃんと関係性を築くことができます。

その中から、恋人同士になる人も少なくないですし、恋人同士のコミュニケーションもSNSで取ることもできます。

恋人同士になった2人の様子を、インターネット上に公表してみんなに見てもらうようなSNSも登場していて、インターネットを介してのコミュニケーションは今の女子高生にとっては当たり前のものです。

新しいもの、新しい取り組みに柔軟な女子高生や若者たちとちがって、周りの大人はそういうものに批判的かもしれません。

インターネットには、危険性もあるということをきちんと理解した上で使っていくのであれば問題ないと筆者は思いますよ。

女子高生が恋愛候補をチェックするのはどんな時?

女子高生は日々、恋愛につながるアンテナを張りめぐらせているものです。

恋愛に興味が薄そうと思われる女子ほど、実は敏感だったりもします。

女子高生はどんな場面で恋愛候補となる男子をチェックするのかを見ていきましょう。

①体育祭・文化祭などのイレギュラーな場面

いつもの授業とはちがう特別な活動を学校行事でする時、女子は男子の行動を特によく見ています。

先生の話を聞いて、受け入れることが多い授業とはちがって行事は準備の段階からふくめ協調性が大切になります。

女子が困っている場面や、何人かで同じ作業をする時、まずは積極的に男子がリードしてあげるとよいでしょう。

大切なのは、一方的なアクションにならないことです。

積極的に女子をリードしてあげるのは大切だけれど、相手の意見をよく聞いて尊重してあげる気持ちを女子に見せられないといけません。

女子にいいところを見せようと変に肩肘はるよりも、周りの状況をよく見て判断できる余裕があるといいでしょう。

②女子同士のもめごとにでの男子の立ち位置

女子同士のいざこざは、男子にとって正直めんどうだと感じるものかもしれません。

大人の男性ですら、妻や恋人のもめごとに首を突っ込みたがらないもの。

いざ女子だちがクラス内で何かトラブルになっている時、大切なのは中立で公平な立場を男子が保てるかということです。

男子からみて、絶対的に片方の女子が悪いように思えても実際はちがう可能性が高いのが、女子高生たちの複雑な所。

色々な状況、原因が複雑に絡み合ってトラブルが巻き起こっている可能性が高いのです。

男子という存在が、女子同士のいざこざの緩衝材になるように、どちらにも偏った存在にならないようにしましょう。

どちらか一方に男子が肩入れしてしまうと、そのことを不満に思う女子たちが状況を悪化させてしまう可能性が高いので充分に注意しましょう。

③クラスなど団体での男子の立ち位置

スクールカーストという言葉とはまたちがいますが、男子同士の交流の中での立ち位置も、女子からすると重要です。

女子によっては、クラスの中心人物が集まるグループの中の男子じゃないと付き合いたくないタイプもいます。

それはやはり、その女子自身も一生懸命クラスでの立ち位置を上げたいと思っているからです。

男子の選り好みをしていると思い込まないで、女子の気持ちを考えてみることも大切です。

反対に、静かにクラスの中で過ごしている、大人しいタイプの男子を好む女子ももちろんたくさんいます。

まだ特定の好きな女子がいないのであれば、男子は自分の良さを認めてくれる女子と仲良くなれるのが理想です。

すでに好きな女子がいるのなら、彼女の好みの男子のタイプを研究してみるのもいいかもしれませんね。

女子高生のシチュエーション別恋愛事情

 

①部活動での女子高生の恋愛事情

部活動は日々ドラマチックな出来事であふれています。

悔し涙や、嬉し涙、仲間との友情や将来の夢、たくさんの感動ストーリーが毎日部活動のどこかで展開されています。

切磋琢磨している男子の汗と涙を近くで見ることができる分、同じ部活動内で恋が生まれカップルになっていくのはもう必然でしょう。

部活動の恋愛で注意しなくてはいけないことは、大切な大会などの前にお互いの邪魔をしないということです。

最近の女子高生と男子高校生の恋愛は、SNSがないと成り立ちません。

「今何してる?」「眠れるまでメッセしよ」

そんな何でもないやりとりを繰り返すことが、お互いの愛情をはかるツールになってしまっているのです。

大会前の集中したい時期に、相手からの返信を求めてお互いを束縛しないように気を付けましょう。

SNSは上手に使えば、コミュニケーションの手助けになってくれます。

レギュラー落ちしている恋人を励ましたり、活躍していてカッコ良かった!と男子に言いたいけどうまく言えない女子たちは、SNSを使ってコミュニケーションを取る術をよく知っています。

②今時の女子高生は、アルバイト先で一歩進んだ恋愛へ

私が女子高生の時は、高速がまぁまぁ厳しかったこともあってアルバイトしている女子高生はあまり多くはありませんでした。

他の高校を見てみても、そんなにアルバイトの人口は多くなかったように思います。

今の女子高生は、自分の遊ぶお金や携帯代は自分で稼いで当然とアルバイトに励む姿をよく目にします。

かといって高校生活に手を抜くわけでもなく、毎日充実しているようです。

学校とはちがう場所でお金を稼ぐという状況で、自然と責任感が生まれます。

ただ学校の一緒にいて楽しい男子を好きになるというよりは、アルバイトをしている女子は仕事のできる先輩を好きになることが多いです。

普段の環境とちがった状況に出会うことは、この時期の女子高生にとってとても重要なことなのかもしれませんね。

まとめ

女子高生の恋愛事情についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

いくつかのパターンはあるものの、女子高生と一口に言っても恋愛に落ちるきっかけやポイントはその子それぞれによってちがうもの。

これを読んでいる女子高生は、他の女子の恋愛事情に焦ることなく、自分の趣味嗜好からつながる出会いや恋愛のきっかけを探すことが一番の近道だと覚えておきましょう。

男子高校生諸君は、自分がどういう行動を取れば、女子たちが好ましく思ってくれるかを研究してみるのも楽しいかもしれませんね。