男の子の方からの告白は、高校生にとってなかなか恥ずかしいと思う人も多いはず。

告白相手がどんなタイプの女子か、自分がのモテ度にもよって告白のポイントが変わってきます。

もう小さなこどもではないけれど、大人になる途中の男子高校生の告白が成功するコツをお伝えします。

筆者プロフィール

33歳の1児の母、青です。

神奈川県の山沿いでWEBライターしながら、主婦をやっています。

恋愛ドラマや漫画・2.5次元舞台を愛してやまない(ママ友にはナイショ)。

そんな本性を隠しながら、何気に多い恋愛経験からアドバイスさせていただきます。

男子高校生に向いてる告白の台詞はこれ!

高校生の男子にとって、自分の気持ち、ましてや好きだという気持ちを相手に伝えることは、私たち女性が考えている以上に難しいことです。

大人になっても、男という生き物は基本的に自分の気持ちをあまり形にしたがらないものなのだから当然ですよね。

高校生という多感な時期に口に出すセリフ、失敗したくない男子の気持ちをくんで、おすすめのものを2つご紹介していきたいと思います。

①「ずっと好きでした」男子高校生が茶化さず告白できるシンプルで響く台詞

「ありふれたような台詞はいやだ!」と思っている男子高校生諸君、それは間違いです!

告白に必要なのは、あなたの真剣な気持ちを告白する相手に届けることなので、オリジナリティの追及はしないことが鉄則です。

「好きだ」という気持ちが真剣で、ずっと彼女と一緒にいたいと思っているのなら、そのまま素直に伝えましょう。

相手にカッコイイ男だと見られたいからとあれこれ、告白の時に変にとりつくろったところで、彼女にはバレてしまいます。

この台詞の重要なポイントは、今、彼女にほれたのではなくて、ずっと彼女のことを想ってきたことを伝えるというところにあります。

女子高生は、どんなにかわいく綺麗にメイクをしたりしている女子でも、自分の容姿に自信満々な子は少ないんです。

メイクをして着飾った分だけ、武装して本当の自分を隠してしまっているから、たとえ見た目のことをほめられて告白されても男子のことを信用できないタイプの女子がいます。

もしくは、自分のことを地味だと思って気にしていそうな女子に告白する場合、見た目のことにはあまり触れない方がいいでしょう。

「ずっと好きでした」っていうことばは、どちらかというとあなたの中身もちゃんと分かっているよ、という前提での告白に聞こえます。

つい恥ずかしがって告白を茶化してしまいそうな男子も、余計なことを言わずに、きちんと想いをぶつけられるでしょう。

「初めて自分から好きになったんだ」少しモテる自覚がある男子高校生限定!

この台詞は、モテ男子にだけ許される取り扱い注意の台詞です。

モテる要素がある男子であれば、告白相手の女子からモテるために恋愛対象外と思われている可能性があります。

積極的に恋愛に向かう女子であれば別ですが、大半の女子は「自分に〇〇君が釣り合うワケない」と諦めてしまっています。

もし告白予定の女子が、少しおとなしめの女子の場合はなおさら、告白自体をあなたにからかわれていると変な誤解をしてしまうかもしれません。

真剣に相手の女子のことが好きで、そのことを伝えたい場合は、今まで自分に寄ってきた女子で好きになった子はいないんだとハッキリ伝えましょう。

モテ系の男子が、自分だけを見ていてくれたのだと分かった瞬間、女子はとっても幸せな気持ちに包まれて、(ほんの少しの、他の女子に対する優越感も感じて)告白を受け入れてくれる確率が高くなるでしょう。

男子高校生の告白でベストなタイミングって?

男子高校生が告白をする時、先輩・後輩・友達・クラスメイト・教師・親・近所の目とタイミングを気にしないと一気に噂になってしまう危険性があります。

特に、学校の仲間に関しては、噂の広まり方によっては、告白する女子にも迷惑がかかってしまいます。

いつ告白するのがベストなのか、一緒に考えましょう。

男子高校生の告白にベストなタイミング①:放課後

高校生の告白でベストなタイミングは、放課後です。

部活動や帰宅、アルバイトや補習、委員会など授業が終わった放課後は生徒たちの行動内容はそれぞれにちがうはず。

目撃される危険性も少ないです。

告白相手の放課後の行動パターンが分かっている場合は、あらかじめ2人きりになれるように待ち伏せしたり、重たい雰囲気にならないように、「部活終わったら頼みたいことがあるから○○に来て」とあくまで軽く伝えるようにしましょう。

男子高校生の告白にベストなタイミング②:昼休み

告白する時に、少し他のクラスメイトや彼女の周りにアピールしておきたい時は、あえて昼休みに告白すると良いでしょう。

すでに自分の好意が告白相手やその周りに伝わりつつある時に、呼び出したり話を切り出すと、目撃者が2人の告白を良い意味で噂してくれる可能性が高まります。

他の男子を牽制したい場合も、この方法を使うと効果があります。

男子高校生の告白にベストなタイミング③:週末

告白相手と友人関係にあったり、ある程度週末に遊びに誘っても不自然でない場合は学校活動のない週末に告白するのがベストです。

周りの目を気にする必要もないですし、私服姿で週末にお互い改めて会うこと自体が、新鮮で相手の女子も特別な気持ちになってくれるでしょう。

告白相手を含むグループで遊びに行くことができる間柄なら、周りの友だちに協力してもらって、彼女と2人きりになれるチャンスを作ってもらいましょう。

男子高校生が告白する場所はよく考えて!女子は雰囲気重視!

男子高校生からしたら、好きな気持を相手に伝えるのに場所なんて関係ないだろうと思うでしょう。

けれど、女子高校生という生き物は、男子が告白するために考えてくれた準備イコール愛情の深さだとどこか思ってしまっている節があります。

そして頑張りすぎて告白には大げさすぎる場所になってしまうのも頂けません。

どんな場所で告白したら良いのか考えていきましょう。

男子高校生におすすめの告白場所①:放課後の教室

普段自分たちが勉強している教室に、放課後2人きりというシチュエーションは女子にとってはロマンチックに感じます。

いつもの騒がしさとのギャップが、放課後の教室を特別な場所に変身させるんです。

男子高校生におすすめの告白場所②:図書室

学校の図書室に死角になる場所があるのなら、告白には向いている場所です。

騒がしさもなく、落ち着いて話せる場所ですので、告白も慌てることなくできるでしょう。

あくまで図書室は読書したり、勉強をしたりする所ですので大きな声が出せないという点でも、告白相手との秘密の共有ができる感覚が、より告白の雰囲気を盛り立てます。

男子高校生におすすめの告白場所③:公園

夕方前の早い時間は、小学生が元気に遊ぶにぎやかな場所ですが、5時を回って子どもたちが帰宅した後だと人気が少ないことが多いです。

公園の中の、凛(りん)とした空気の中での告白は、2人にとって特別な思い出になることでしょう。

ただし、公園によっては不審者や不良のたまり場になっていたり、治安の良くない所もあるので事前に調べておきましょう。

男子高校生の告白にLINEはあり?

男子高校生が、直接告白しないでLINEなんて、ヘタレと思われそうだと心配してはいませんか?

確かに、面と向かって告白された方が特別な感じがして女子は嬉しいです。

でも、女子側も、筆者もそうでしたが(筆者の高校生時代はメールでした)直接話をしても、テンパってしまってうまく話す自信のない人って多いはず。

だから、きちんと気持ちを伝えたいからLINEで告白するというのは大アリです。

ただし、LINEで注意しなければいけないのは、文章と自分の気持ちが同じ印象で伝わるかということです。

言葉を選んで作るLINEのメッセージは、余計なことを言わないようにと、簡潔な告白になってしまいがち。

LINEを告白の手段として選んだ理由を、きちんと伝えることを忘れないようにすれば好印象な告白ができるでしょう。

まとめ

積極的な女子が増えてきたとはいえ、やっぱり乙女心としては男子から告白された方がうれしいものです。

その彼女を大好きな気持ちを、照れてごまかしたりしないで、素直で飾らない言葉で、彼女への気づかいを忘れずに告白にのぞみましょう。

それがどんな結果で終わっても、彼女に向けたまっすぐな気持ちは必ず伝わります。

大人の男性への第一歩として、告白という大きな階段を上ってくださいね!