高校生の恋愛は、子どものころのかわいい初恋とはちがって大人のかけひきが必要です。

好きな気持ちはしまっておくだけじゃつらいですよね。

学生によくありがちな、「いちいち言わなくても、気が付いたら付き合ってた」パターンでも、乙女心は不安なままのはず。

あなたの告白が成功につながるにはどうしたらいいか、これから細かくお教えしていきます。

筆者プロフィール

33歳の1児の母、青です。

神奈川県の山沿いでWEBライターしながら、主婦をやっています。

恋愛ドラマや漫画・2.5次元舞台を愛してやまない(ママ友にはナイショ)。

そんな本性を隠しながら、何気に多い恋愛経験からアドバイスさせていただきます。

高校生と中学生の告白のちがい

中学生のころの恋愛は、高校生の頃とちがってストレートに感情を出してもいいものでした。

周りの友だちや大人の目をそんなに気にせず、恋愛にまっすぐ向き合っている女の子が多いのです。

まず、中学生は、高校生とちがってカップルの数が少ない傾向にあります。

カップルが成立した、要するに勇気をだして告白をしたその男女のことを、どこかヒーローのように思う女子もいます。

カップルたち本人も、まだ高校生に比べると心も成長の途中なので、付き合っているということも周りの友だちに隠さず共有していることも多いので付き合っていることが一種のステータスにもなるのです。

高校生になると、そのウキウキする気持ちだけでは告白ができません。

告白に失敗したり、色んな人からからかわれるんじゃないかと高校生のころになると気になり出すもの。

高校生の告白で大切なのは、きちんと気持ちを伝えて成功することと、同時にもしうまくいかなかった時でも恥ずかしい思いをせずに済む方法をしっておく所にもあるんです。

高校生に合った告白の仕方は?ツールと人脈をうまく使いこなせ!

告白をするからといって、みんながみんな、真っ向勝負ができるわけではありません。

あなたが好きな人に面と向かって、緊張せずに話ができるタイプであれば良いですが、そうじゃない場合はちがう方法で告白したって良いんです。

大切なのは、あなたの気持ちを相手に届けることです。

筆者の高校生時代よりも、便利なツールがそろっている今の高校生にはたくさんのチャンスがあります。

そして高校生という世代だからこそ頼れる人間関係をうまく活用して、あなたの告白を成功に導きましょう!

高校生の告白の仕方①:LINEを使って告白する

LINEを使っている高校生はかなりの数にのぼっていて、やってない人の方が少数派ではないでしょうか。

部活の仲間や、家族や友人とコミニケーションが取れる便利なLINE、告白にも使ってみませんか?

私の時代は、LINEに代わる告白の方法としてはメールでした。

高校生時代の筆者は、それなりに友だちもいて、男子とも気軽に話すことはできるけれど、改まって真剣な話をするとなると面と向かってうまく言葉を紡ぐことができなかったんです。

文章にして、目に見える言葉にしてしまえば、自分が何を伝えたいのかがちゃんと分かります。

告白するつもりが緊張してしまって、相手に変な子だと思われてしまうのが怖いのならLINEで告白してみましょう。

いまはLINEにも送信取り消し機能が付いていますが、メッセージを送信した瞬間に通知を相手に見られてしまう可能性もあります。

LINEなどの顔の見えないやり取りは、慌てないできちんと自分の気持ちを伝えられるメリットがある反面、言葉が足りないと相手に思わぬ誤解を与えてしまうデメリットもあります。

メッセージを作成し終わった後は、まちがいがないかしっかり確認してから送信するようにしましょう。

高校生の告白の仕方②:友だちに頼んで告白する

すこしズルいやりかたですが、あなたが少しおとなしめのタイプの女子だとしたら、相手が告白を断りにくい状態を作ってしまいましょう。

高校生の時は、男子も女子も周りの空気に流されやすいもの。

異性にもハッキリ話のできるタイプの友だちがいるなら、その友だちに率先して告白の計画を立ててもらうと良いでしょう。

自分で告白する勇気がないなんて、と気に病んだり、心ないことを言われるかもしれません。

でも、恋愛って気持ちを伝えなければなんにも始まらないんです。

緊張せずに、好きだと相手に告白できるのなら今これを読んでいるあなただってそうしてたはずですよね。

好きだという気持ちを必死の思いで伝えても、その相手に何も考えずにすぐ断られてしまうなんて悲しすぎます。

とりあえずは、あなたの周りの友だちに協力してもらって、何となくでもいいんです、相手が告白を受け入れてくれるような状況を作り出しましょう。

ただし、この方法は告白する相手に恋人や好きな人がいる場合はNGです。

あくまでも、告白する相手がフリーの場合だけにしましょう。

自分の気持ちばかり優先して、告白する相手の周りの人への気配りができないような人を、相手が受け入れるはずがありません。

高校生の告白の仕方③:手紙を使って告白!あえてのアナログさがポイント

LINEやインスタ、今は色々なSNSがあって普段のやりとりはネットを経由することが多いですよね。

便利なツールを使って告白することでも、もちろんきちんと気持ちは伝えられます。

けれど、あえてのアナログな方式を告白に使うことで告白相手の気持ちを揺さぶることができるかもしれません。

面と向かって話すよりも、手紙の方が落ち着いて告白できるという方はぜひ試してみて下さいね。

高校生の心に響く告白の言葉って?

高校生は大人になる前の多感な時期です。

色んなことに敏感なこの時期は、ロマンチックな言葉に心動いてしまうもの。

それは男子でも女子でも同じで、ちょっとした言葉選びで告白の成功率がグッと上がります!

どんな言葉が告白する時に相手の心に届くのか、お伝えしていきます。

告白相手に響く言葉①:「ずっと好きでした」

この言葉は男女問わず、告白された相手が素直にうれしいと思えるものです。

ひとめぼれももちろん、恋に落ちる理由としては悪いことではけっしてありません。

けれど、自分のことをたくさん知った上で、ずっと告白してきた相手が自分を好きだと思ってくれる、その事実はとてもうれしいものです。

素直に相手に伝えることで、告白の成功率はかなりよくなります。

告白相手に響く言葉②:「ずっと一緒にいたい

ストレートに告白相手に好きだと伝える言葉と同じくらい効果があるのが、ずっと相手と一緒にいたいと伝えることです。

好きだとか嫌いだとか、恋愛の駆け引きをする前に告白する相手と一緒にいることが、いちばん幸せなんだとそのままの気持ちをぶつけましょう。

高校生でも子どもでも、大人になっても自分という存在を必要として一緒にいてほしいと誰かが思ってくれる、それが幸せだと人は本能で知っています。

変に言葉をあれこれ飾るよりも、まっすぐにこの言葉を伝えましょう。

告白相手に響く言葉③:「最初で最後の恋」

これは告白する段階で、ある程度告白相手から好意を持たれていると確証がある場合におすすめの言葉です。

今までもし、他に恋をしたことがあったとしても、相手にばれる危険性がないのなら使ってしまいましょう。

誰でもいいわけではなくて、本当に告白相手だから好きになったという気持ちを伝えましょう。

相手があなたのことを大して知らない場合、この言葉を使うのは気持ちが重たいと思われてしまうので危険です。

恐らく両思いだろう、と何となくあらかじめお互いに分かっている時に使うと、告白相手の心を揺さぶることができるでしょう。

まとめ

高校生の告白は、小学校や中学校の頃の恋に恋していた、どこか真似事のような恋とはちがいます。

もしかしたら大人の世界に飛び込む前に初めて、本当の恋に出会うかもしれない大切な時です。

あなたの恋を成就させるために、相手の心に届く方法や、言葉を使って告白しましょう。

どちらも大切なのは、一人よがりな告白にならないことです。

もし告白に失敗しそうだと感じたら、一度保留にして再チャレンジをしたり、状況をよく読んで告白するように心がけてみてくださいね。