【体験談】初体験が怖い!初エッチまでに知っておけば良かった3つのこと

彼氏がエロくてとにかくいつも求められると聞くと、女性としてそれほど幸せなことはないと思いますよね。

たしかに幸せなことなのですが、実際にエロすぎ彼氏と付き合うのは大変なこともあります。

今回はエロい彼氏と付き合った時のエピソードをご紹介します!

筆者プロフィール

京都に住む2児の母・ぽぽです。

現在は幸せな家庭を持つことができましたが、昔は思いのまま、まっすぐ突っ走りがちで、恋愛では痛い思いをしたこともありました。

そんな経験から、女性が幸せをつかむために、自分をどのようにふるまうべきなのかを広めていきたいです。

エロい彼氏と付き合った経験

エロい彼氏と付き合った経験

男性というものエロいのは当然なのですが、これまで筆者が付き合った彼氏の中に、他の人とは比べ物にならないほどエロすぎな彼氏がいました。

19歳の頃付き合った8歳上の彼氏で、人前ではあまりイチャイチャすることはないのですが、2人きりになるとエロいスイッチが発動するのです。

本当はエッチをしたい気分じゃない時もあるのに、断るとあからさまにテンションが下がって拗ねてしまうので、断れないことが多かったです。

筆者の友達に彼氏がエロすぎるということを相談すると、「愛されてるね~」とのろけ話として流されてしまうことが多かったですが、実際にはいいことばかりではなく大変だと感じることもありました。

今回は、筆者が付き合った彼氏のエロすぎエピソードをいくつかご紹介します。

彼氏のエロいエピソード①エッチは2ラウンド制

彼氏のエロいエピソード①エッチは2ラウンド制

筆者と彼氏は週に3~4回会っていたのですが、デートでは毎回エッチが2ラウンド制だったのです。

週に3~4回も会えるのですから、筆者は毎回エッチをする必要はないというタイプでした。

一方、彼氏はとてもエロいので、毎回エッチをするのは当たり前、むしろ1回のデートで2回以上は必ずエッチを求めてきていました。

時間と体力が許す限り求めて来られるのは、女性として愛されている証なのだと思いますが、いくらなんでも毎回2回以上エッチするのはしんどいです。

付き合って半年が過ぎても、会うときはエッチな2ラウンドというのは変わらなかったため、筆者は彼氏に話してみることにしました。

いつものように2回目のエッチを求められた際に、「毎回2回エッチするよりも、エッチの後のゆっくりした時間を楽しみたい」と伝えました。

彼氏は不満そうでしたが、とりあえず納得してくれたようでした。

しかし、その後数回デートを重ねると再び2回目のエッチを求めてきたので、筆者は「毎回エッチを2回しなきゃいけないと思うとしんどいの」と今度は少し強めに拒否したのです。

すると、彼氏は拗ねてしまいふて寝しだしました。

それを見て、「エッチがしたくないんじゃなくて、エッチだけをするデートは嫌なの」と少し伝え方を変えてみました。

しばらく黙ったあと、彼氏は「なら今度はエッチにちょっと変化を与えてみよう」と提案しだし、「コスプレは?オモチャは?」と必死に案を出してきたのです。

これは何を言っても伝わらないなと感じ、結局筆者は諦めて身を任せるしかありませんでした。

彼氏のエロいエピソード②エッチ中の要求が多い

彼氏のエロいエピソード②エッチ中の要求が多い

エッチの頻度が多いだけではなく、エロい彼氏はエッチの最中も何かと要求が多かったのです。

例えば、「感じているならもっと声を出して欲しい」「もっと自分で気持ちいいところを探して欲しい」「積極的に攻めて欲しい」など……。

筆者は人よりも恥ずかしがり屋な性格で、エッチという行為自体、本当に恥ずかしいと思っていたので、彼氏からの要求に応えるのとても難しかったです。

純粋にエッチが気持ちいいとか幸せを感じる前に、彼氏に対して「これでいいのかな」と顔色を伺ってしまいエッチを楽しめずにいました。

筆者は彼氏とのエッチに集中するためには暗くて静かでないと嫌だと感じていました。

自分の体や顔を見られるのも彼氏を見るのも恥ずかしかったですし、テレビの音などが聞こえると気持ちが入らないのです。

しかし、彼氏は電気を消してと頼んでもわざと意地悪をしてきます。

筆者が恥ずかしがったり嫌がったりするのでさえも、エロい彼氏には興奮の材料になってしまうようでした。

「恥ずかしいから嫌」と伝えても、「照れてるんだ?可愛い」と言われてしまい、本当に恥ずかしくて苦痛だという気持ちは伝わることはなかったのです。

彼氏のエロいエピソード③AVでの勉強を強要

彼氏のエロいエピソード③AVでの勉強を強要

筆者が付き合ったエロい彼氏は、筆者にもエロくなってもらいたいと言ってアダルトビデオを見て勉強するよう強要してきたのです。

恥ずかしがり屋な性格のためエッチの最中に素直に感情を出すことが苦手なだけで、エッチ自体が嫌だったわけではありません。

しかし反応の薄い筆者のことが不満だった彼氏は、筆者の家にアダルトビデオを持ってきて「これを見て女性がどういう風に反応したら男が喜ぶか勉強してみて!」と言ってきたのです。

エッチのことしか考えていないのかと呆れた筆者は、「ただエッチがしたいだけなら風俗にでもいけば?」と冷めた態度をとりました。

すると彼氏は「○○だからエッチをしたいし、エッチを2人で楽しみたいだけだ」と逆ギレ。

2人でエッチの時間を楽しみたいのは筆者も同じですが、彼氏のやっていることはあまりに自分よがりな気がしました。

「エッチを楽しみたいなら、私が嫌だと言うことはしないで欲しい」と伝えると、「じゃぁ俺のしてほしいっていう気持ちはどうなるの?」と言われてしまい、話し合いになりませんでした。

エロ過ぎが原因で彼氏と破局

エロ過ぎが原因で彼氏と破局

エロいということ以外に彼氏に対して不満はなかったのですが、エロ過ぎることが原因で喧嘩が絶えず結局彼氏と破局してしまいました。

外でデートをしているときはとっても幸せで、ずっと一緒にいたいと思える彼氏でした。

しかし、2人きりになった途端に豹変したかのようにスイッチが入ってエッチをしたがる彼氏。

落ち着いて2人でまったりする時間や語り合う時間も欲しいと筆者は思っていたので、2人になったらとにかくエッチをしていないと気が済まない彼氏とは長く付き合っていくのは難しいと感じたのです。

愛されている証拠だというのはわかります。

しかし、エッチは2人の愛を確かめ合うものなので、エッチが原因で喧嘩が絶えないのでは意味がありません。

互いに、相手を喜ばせたいという気持ちが合わさって初めてエッチは心と体を満たすものになると筆者は考えます。

一方彼氏は、「本当に俺のことが好きならこうしてほしい」という自分よがりな要求が多く、筆者の感情は無視だったのです。

気持ちがすれ違っていてはエッチも楽しくないですし、長く付き合っていくのは難しいと感じてしまいます。

エロい彼氏とうまく付き合うために

エロい彼氏とうまく付き合うために

では、エロい彼氏とうまく付き合うためにはどうすればよいでしょうか。

男性はもともとエロい生き物ですから、エッチの際には女性にこうしてほしいというのがあるものです。

中にはエロ過ぎ彼氏の要求を難なくクリアして、理想的なエッチが出来る女性もいるでしょう。

女性側もエロに対して好奇心旺盛であれば、エロ過ぎ彼氏ともうまく付き合っていけます。

要は相性の問題です。

筆者は性格も恥ずかしがり屋でエッチに対して淡白だったために、エロ過ぎな彼氏についていけずうまくいきませんでした。

しかし、筆者の友人の中には「そんなに毎回愛されて羨ましい」「エッチが淡白な人より全然良いじゃん」と言う人もいました。

エロ過ぎ彼氏と同じように、エッチの中で素直に感情を表現して本能のままに求め合える女性であれば、きっとエロ過ぎ彼氏との付き合いはうまくいくはずです。

まとめ

エロい彼氏との付き合いを羨ましいと思う女性もたくさんいるでしょう。

しかし実際に付き合ってみると、とにかくエロ過ぎて大変ということもあります。

エッチに対する考え方や価値観の違いはカップルにとって致命的です。

エロに対して淡白な筆者にはエロ過ぎ彼氏との付き合いは難しかったですが、情熱的で本能的なエッチを楽しめる女性ならばエロい彼氏とうまく付き合っていけるでしょう。