彼氏に浮気をされたらどう別れる?彼氏を後悔させる3ステップ!

信じていた彼氏に浮気をされた…そんなときは怒りと悲しみすべてを彼氏にぶつけたい気持ちになりますよね。それはわかります。でも、どうせ浮気した彼氏と別れるなら、彼氏に後悔させて見返してやりたいですよね!

今回は、彼氏に浮気されて別れることにした経験のある筆者が、浮気されたときに彼氏を後悔させる別れ方を伝授します!3つのポイントをおさえて、浮気した彼氏を懲らしめましょう!

筆者プロフィール

京都に住む2児の母ぽぽです。

現在は幸せな家庭を持つことができました。

昔は思いのまま、まっすぐ突っ走りがちで、恋愛では痛い思いをしたことも。

彼氏に浮気をされて別れた経験

彼氏に浮気をされて別れた経験

筆者は大学生のころに、当時付き合っていた4歳上の彼氏に浮気をされて別れた経験があります。

付き合っていたのは、バイト先の準社員の人で、まわりにとても頼りにされてムードメーカーでもあるモテ男でした。

彼氏の行動が怪しいと思い始めてから、疑っていることをバレないように、浮気の尻尾をつかむまで彼氏の行動を観察していました。

彼氏が浮気をしていると確信してからは別れることを決意し、どうせなら彼氏が後悔するような別れにしたいと思い準備をしました。

筆者が彼氏に浮気をされ、別れるに至るまでの経験談をお伝えし、彼氏に後悔させた方法もご紹介します。

彼氏の浮気の兆候

彼氏の浮気の兆候

彼氏に浮気の兆候が見え始めたのは、彼氏と付き合って1年ほどたったころからでした。

携帯に執着のなかった彼氏が、急に肌身離さず身につけるようになり、お風呂の時にも脱衣所まで持って行っていました。

パスコードロックの番号も、「0000」のような簡単なものから複雑なものに変わっていることがわかりました。

また、LINEの画面などは、いつも彼女である筆者の目を気にしながら開いていました。

とにかく怪しいと思いましたが、疑っていることがわかれば警戒されてしまうと思い、とりあえず泳がせておくことにしました。

あるとき、彼氏と2人で筆者の家にいると、彼氏の携帯が鳴りました。

電話がかかっているのに、彼氏は出ようとしません。

「いいの?」と聞くと、「地元のツレ。あとで掛け直すよ。」と言ったので、そのときは詮索しませんでした。

少しして、彼氏がタバコを買いに行くと言って部屋を出て行きましたが、財布を忘れていたので走って追いかけました。

すると、家を出たところで電話をしていました。

そして、筆者が来たことがわかるとすぐに電話を切ったので、「電話、もういいの?」と聞くと、「ツレから飲みの誘い。」とだけ答えました。

明らかに動揺の顔色でしたが、それも軽く流しました。

彼氏の浮気を確信して別れを決意

彼氏の浮気を確信して別れを決意

彼氏の浮気を疑い始めてから2ヶ月ほどたったとき、浮気を確信する出来事がありました。

それまでは、週5日は筆者の家に来て半同棲のような生活で、彼氏は気が向いたときに自宅に戻っていました。

しかし、浮気の兆候が見え始めたころ、筆者の家に来る頻度こそ変わらなかったものの、火曜日だけは来ていないことに気がつきました。

おそらく、火曜日は浮気相手に会う日なのだと予想しているさなか、毎週出すバイトのシフト希望表に目が行きました。

すると、ある女性アルバイトの希望が、毎週火曜日だけ全て×になっていることに気がつきました。

このとき、彼女がおそらく彼氏の浮気相手だと直感的に気づきました。

バイトのある休憩時間、その彼女が「○○っていう映画を見に行ったんだ!」という話をしていたので、筆者は、彼氏にカマをかけてみることにしました。

「○○っていう映画おもしろいよね!」言うと、「そうそう!すごいおもしろいよ!」と答えて来たので、「あれ?この映画見たの?」と聞くと、かなりあたふたしながら「あぁ、友達がおもしろいって言ってた。」と苦しい言いわけをしました。

このことで、彼氏が浮気していることと浮気相手も同時にわかり、彼氏と別れることを決意しました。

そして、浮気した彼氏を後悔させられるよう、見返してやりたいと考えました。

そこで次のように準備を進めました。

彼氏の浮気から別れるまで①:今までより優しく

彼氏の浮気から別れるまで①:今までより優しく

彼氏の浮気が発覚して別れるまでは、あえてそれまでよりも優しくつくす女を演じました。

彼氏は浮気をしていて少なからず罪悪感を感じているため、こんなにも優しくて大切にしてくれる彼女を裏切っていることをより悪いと思わせるためです。

彼氏が家に来るときは手料理を振る舞い、明るく優しくを意識して接しました。

彼氏の浮気から別れるまで②:様子が変だと心配する

彼氏の浮気から別れるまで②:様子が変だと心配する

彼氏の浮気が発覚してからは、「最近様子が変だよ?」と彼氏が少しドキッとするような話題を振りました。

ちょっと動揺している彼氏に、「何か仕事でしんどいことでもあった?話を聞くくらいしかできないけど、なんでも言ってね」と、疑うどころか心配するそぶりを見せます。

彼氏は、おそらく様子が変だと言われると、浮気がバレているのかとドキドキします。

しかし、疑うどころか健気に心配までされると、ホッとするよりは、自分のやっていることに罪悪感を感じるはずです。

彼氏の浮気から別れるまで③:責めず怒らず

彼氏の浮気から別れるまで③:責めず怒らず

いよいよ彼氏の浮気を問いただし別れ話を切り出しますが、絶対に彼氏を責めたり、怒りをそのままぶつけて罵声(ばせい)を浴びせたりはしませんでした。

冷静に、そして悲しげに、「話があるんだけど…」と切り出しました。

すでにそれまでに罪悪感にさいなまれてきていた彼氏は、深刻な話だと察した瞬間、顔が曇りました。

「○○(浮気相手)ちゃんと浮気してるよね。」

はっきりと伝えると、彼氏は最初は浮気を否定しました。

「映画は○○ちゃんと見たんだよね?火曜日はデートの日なの?」

もう一度聞きました。

しかし、それでも彼氏は浮気を否定しました。

そこで、涙を流しながら、

「○○ちゃんは、私と付き合ってるってわかっていてあなたと会ってるわけだから、○○ちゃんはきっとこうなることを望んでるよね。○○ちゃんに聞けば本当のこと教えてくれるかな?」

浮気相手を問いただす考えを示しました。

それは困ると思い観念したのか、彼氏は「ごめん。本当にごめん。」と謝り出しました。

長い沈黙の後、泣きながら「別れよう。」とひとこと言いました。

彼氏は嫌だと言い続けていましたが、

「私はこんな風に裏切られても○○(彼氏)のことがまだ好きなんだよ。

だから、どうしても許せないし割り切れないよ。

他の女の子に目がいくのは、私の魅力が足りなかっただけ。

もし許しても、また相手が変わるだけだよ。

もっとあなたが夢中になれる人ときちんと恋愛してね。

私はあなたと付き合えて幸せだったからもう責めないし、怒ってないよ。

今までありがとう。」

思ってもいないことを、泣きながら諭すように話しました。

彼氏も最後は号泣していましたが、何も答えずに別れました。

それから数ヶ月、彼氏から復縁を求める連絡がありました。

しかし、筆者はすぐに違う彼氏を作ることができていたため、

「もう彼氏いるから、二度と連絡してこないで。」

とバッサリ切り捨てました。

彼氏の浮気が原因で別れる時のポイント

彼氏の浮気が発覚し、別れる道を選ぶ場合、絶対にやってはいけないポイントがあります。

それは、感情的になること。

怒りや悲しみをストレートにぶつけて彼氏を責め立てると、逃げ場のなくなった彼氏は多くの場合、開き直ったり逆ギレして、「別れる」と言い出します。

どんなに腹が立っていても冷静に、彼氏に接しましょう。

そして、別れを告げるまでの間に、自分がいかに彼氏にとって必要な存在であるかを認識させ、そして浮気への罪悪感を感じさせるかが大切です。

何食わぬ顔して彼氏を思いやる、しおらしくて明るくて優しい彼女を演じるのです。

そして、別れを切り出す時も、絶対に感情的になってはいけません。

少し涙を見せながら、彼氏を責めることなく身を引くことで、男性は罪悪感でいっぱいになり、器の大きいあなたを離したくないと思うはずです。

そう言ってすがる彼氏をバッサリ切り捨てることができれば大成功です。

まとめ

彼氏に浮気をされたときは、悲しみや怒り、情けなさなど本当に傷つけられてしまいます。

その感情をすべて彼氏にぶつけてやりたいところですが、それでは彼氏が開き直ったり逆ギレしてくることもあります。

彼氏の浮気が原因で別れるなら、こちらが優位な状況で相手が別れたことを後悔するように別れたいですよね。

そのためには感情的にならず、冷静に立ち振る舞い、彼氏に一層優しくして彼氏に浮気の罪悪感を抱かせた状態で、彼氏を責めることなく別れを告げましょう。

そして、彼氏がどんなに謝っても、バッサリ切り捨てることです。