大学時代に男友達と体だけの関係になった体験談

21歳の筆者が、大学時代に同じ部活の男友達と体だけの関係になった時の体験談をご紹介。

セフレの関係だった彼に対して筆者がだんだんと本気になり、最終的に絶縁されたにも関わらず、1年以上忘れられませんでした。

良い思いとは程遠く、苦い恋愛の思い出です…。

筆者プロフィール

大学中退したばかりのフリーター・ふぃぐまです。

一時期、貞操観念がすっぽり抜け落ちた21歳女。

今は身を固めているが人に遊ばれたことも遊んだこともあり、実らぬ恋愛を長く引きずった経験も何度かあります。

体だけの関係になった体験談

体だけの関係になった体験談

体だけの関係になったことがあるのは、筆者が大学2年生のときのことです。

所属していた部活の同級生とW浮気していまい、そのままセフレという関係になりました。

同級生といっても、相手は1歳年上。

そのせいか、周りの男子よりすごく大人びている人で、いつのまにか彼に惹かれていました。

筆者はそのころ、2年ほど付き合っている4歳年上の彼氏がいました。

しかし、付き合いの長さからマンネリになっていたのか、初めて彼氏以外と2人で飲みに行ってしまったのです。

相手の彼にも彼女がいたものの、一度飲みに行ってからは、頻繁に2人で飲むようになり、3度目くらいに酔った勢いでホテルに行くことに。

関係を持ってから何度かは割り切っていましたが、筆者が本気になってしまうのにそれほど時間はかかりませんでした。

筆者は本命だった彼氏と別れましたが、彼は付き合っていた彼女が大好きなようで、別れるそぶりさえ有りませんでした。

彼と仲良くなったのは春ごろで、それから3~4ヶ月ほどは体だけの関係が続きました。

しかし、秋ごろには他の男子が加わり三角関係に。

揉めることが増えていき、そういう間柄ではなくなっていました。

揉めることが増えていたものの、彼の本命は付き合っている彼女ですから大喧嘩などには発展せず、体の関係はなくとも、普通よりは仲が良かったです。

体のだけ関係になろうと思った女性の心理

体だけの関係になろうと思った女性の心理

 

体だけの関係になった彼は、当時筆者が付き合っていた彼氏とは異なり、筆者の好みを網羅している人でした。

見た目、性格ともにどストライク。

さらに、手フェチの筆者の好みを体現したかのような彼の手。

「手は性的な魅力と深い関係性があることがわかっている」と最近よく聞きますが、まさにその通りだと思ったのがこの頃です。

女性としては手の大きな筆者は、たいてい男性と手をつなぐと手の中心に空洞ができてしまいます。

しかし、筆者より手の大きい彼とは、手をつないだ時がピッタリでした。

手が直接関係あるかはわかりませんが、今まで体を重ねてきた相手の中で彼が一番相性が良かったです。

体だけの関係になる男性にはしないこと

体だけの関係の男性に女性がしないこと

体だけの関係になった彼には、通常彼氏であればしてしまう「尽くす」ということは基本的にはしませんでした。

筆者は今まで付き合った男性には尽くすタイプで、ワガママを言ったりしませんでしたが、体だけの関係になった彼にはわりとワガママを言っていました。

彼にも本命の彼女がいましたから、筆者も遠慮することはなかったです。

また、割り切った関係が続けられる人だけに言えることですが、相手が好きになるような行動をするのはNGです。

片方が割り切っているのに、もう片方が本気になってしまうととてもめんどくさいことになります。

体だけの関係を続けることも、すっきり関係を切ることもしにくくなってしまうので、気をつけなければいけないところです。

体だけの関係から彼女になる可能性はあったか

体だけの関係の男性の彼女になる可能性はなかった

「ない」と断言できます。

体だけの関係になった彼は、付き合っていた彼女にベタ惚れ。

1年間にもわたって彼女に何度も別れ話をされているにも関わらず、また復縁までもっていくほどでしたから。

彼女が好きなのも、彼女のスペックがすごく高いことも最初からわかっていましたが、やはり頑張ってもどうにもなりませんでした。

大学2年生の冬に、部活内で色々と揉めて、その後絶縁してしまったのですが、その際に「お前は彼女に勝てるようなところ1つもない!」なんて言われてしまいました。

体だけの関係になったところで、男性は彼女への愛情は少しも変わらないのでしょう。

そこまで彼女を想っているなら、そもそも浮気するなという話なんですけどね。

体だけの関係が終わった後の付き合い方

体だけの関係が終わった後の付き合い方

絶縁されても、体だけの関係になった彼とは同じ部活に所属していましたから、かなりよそよそしくも普通の会話はしていました。

部長として部活をまとめていたのが筆者ということがあり、必要最低限の会話があっただけですが。

お互い普通にしようとはしていたとは思いますが、見てわかるほどのよそよそしさだったようで、後輩に聞かれるほどでした。

きっと、部長でなければ会話すらなかったと思います。

筆者はまだ体だけの関係になった彼のことが好きでした。

そのため、話すことがほとんどなくても、彼の姿が見ることができて嬉しかったのです。

しかし、体だけの関係になった彼の方は会うことすら嫌だったのでしょう。

頻繁に来ていた部活も、彼は次第に来なくなっていました。

反省・同じ境遇の人へのアドバイス

同じ境遇の人へのアドバイス

率直に言って、体だけの関係になる相手に彼女がいるかいないかは大きな問題です。

当たり前のことですが、やはり一番大事なことはこれなんです。

「彼女持ち」と「彼女なし」とでは、自分が彼女になれる確率が全然異なります。

相手に彼女がいない場合は、がんばる価値があります。

彼のことをよく知り、それとなく彼の好みに合わせていけば、彼女に昇格できる日も近いでしょう。

しかし、彼の好みに合わせて自分を偽りすぎると、ボロが出てしまい自分もツライうえに、長くは続きません。

みなさんは、その点だけには注意してください。

体だけの関係になった相手に既に彼女がいる場合は、まずその人の彼女への気持ちを探るのが良いと思います。

彼女がその人のことをあまり好きではなくても、筆者の場合と同様に、その人が彼女のことが大好きなときは危険です。

十中八九彼女に勝てないため、体だけの関係と割り切れないようであれば、早めに関係を切るのが吉です。

筆者は関係を切ることもできずに本気になってしまったために痛い目に遭いました。

まとめ

体だけの関係の体験談

体だけの関係で満足できる人がどれだけいるでしょうか?

付き合わずに体だけのほうが楽でいいと言う人もいるかもしれません。

そういう方々はきっちり割り切れていますが、割り切れないという人も多くいると思います。

最初は体だけの関係と割り切れていたのに、だんだん本気になってしまったという人もいるでしょう。

筆者もそうでした。

だんだん本気になり始めてしまった人は、引くか押すかを早々に決めなければいけません。

彼女がいないなら押す。

彼女がいるなら引く。

そのタイミングを見誤ってしまうと、後々自分が辛くなります。

今、体だけの関係がある人もない人も、これからのことはわかりません。

後々自分が辛くならないように、男性との色々な付き合い方を探してみて欲しいと思います。